青汁のんで健康生活を送っています

最近はやっているものにグリーンスムージーがあります。これは小松菜などの栄養価のたかい青い野菜を中心にフルーツなどとくみあわせて栄養を手軽にとろうというものです。確かに野菜不足の現代人にとってはかなり重要な食生活の考え方といえます。でもすこしまってください。もっと手軽に簡単にしかも高品質の栄養素をとる方法がありませんか。そうです、いまや知らない人がいないくらいに有名な青汁です。青汁といえばケール、ケールといえば極上の栄養価の塊のような野菜です。青汁は粉末状になっていますので、これを自分が飲みやすいミネラルウォーターやミルクなどと混ぜて飲むだけで簡単に栄養を摂取することができます。グリーンスムージーだとミキサーを洗ったり野菜を洗ったりきったりといった作業が必要になってきますが、青汁ならばのみたいときにささっとすぐに飲む事が出来てしまいます。こんなにお手軽な栄養の摂取方法があったなんて、と驚くばかりです。できるだけ簡単に、短時間にしかもコストパフォーマンス高く、という欲張りな現代人の要望に答える青汁を是非ご自身の食生活に取り入れていきましょう。手軽に飲むだけで健康になれる青汁ですのできっと手放せなくなるでしょう。

続ける事でわかる

私は母親が健康食品オタクなのもあり、青汁を数年前から飲むようになりました。 昔の「まずい」って言うCMのインパクトが強すぎて、青汁イコールまずいと言うイメージでしたが、案外飲みやすく、今では苦手なコラーゲンの味を紛らわす為に一緒に混ぜて飲んでいます。 私はあまり青汁の効能とかを気にせず飲んでいたので、何に効いているのかよくわかりませんでした。 そんなある日、珍しく便秘が続いたことがあって、よくよく考えてみると青汁を飲んでいない日が続いてた事に気づきました。 それからもちろん毎日青汁を飲むようにしています。

青汁体験談

青汁を初めて飲んだのは、たぶん中学生くらいだったと思う。 万年ダイエッターの母親が買ってきたもので、 当時、悪役俳優さんの青汁CMが話題になっていたような気がする。 母親が結構新しいモノ好きなので、健康がどうのこうのというより好奇心で買って着た気がするけれど。 最初、説明書通り水に溶かしてみたのですが、青臭くて飲めませんでした。 これは何?という感じで。 これなら、まだ生野菜のほうがマシみたいな。 ならばと、今度は牛乳で飲みました。 なんとか飲めたかと思います。 あれから月日も経ち、色々な原料の青汁が出回っていますが、おいしい青汁も序々に出てきているみたいですね。 時代は変われど、健康にいいものはいつまでも定番で、ロングセラー商品になっている。 これからもまだまだ青汁は健在かなと思います。

アントシアニンのサプリメント

サプリメントでアントシアニンを積極的に摂取している人が近年は増加しています。目の疲労に効果があると言われているアントシアニンは、ブルーベリーなとから摂取することができます。眼精疲労に効果があると言われるのは、アントシアニンのどんな効果によるのでしょう。目の網膜に存在するロドブシンという物質が光をキャッチしています。長い間目を使っていると、網膜のロドプシンが少なくなって、結果的に光を認識しづらくなるようです。目のかすみやぼやけ、しょぼしょぼするなどの症状は、網膜のロドプシンが少なくなっていることが原因のようです。網膜の減少したロドプシンの合成を促し、光を感知しやすいようにするのがアントシアニンの作用です。日々ブルーベリーを摂取できればアントシアニンを体内に取れ入れることはできますが、常にとなると手間がかかります。アントシアニンを補給するために、サプリメントを賢く使うといいのではないでしょうか。アントシアニンは目の疲労回復だけではなく、目の状態改善に効果的な成分です。アントシアニンをサプリメントなどで補給することによって、白内障の対策や、視野を広くする作用もあるとされています。アントシアニンのサプリメントは、価格帯はさほどのものではありません。毎日、積極的に使っていくといいでしょう。